サービス ショッパーコミュニケーション

店頭販促ツール

ラウンダーの声から生まれる
「設置される、売れる」
店頭販促ツール

その店頭販促ツール、本当に使われてますか?現在マックスの試算では、メーカー様が制作している店頭販促ツールの約6割は廃棄されています。これは棚のスペースの問題・販促物の組み立てやすさ、設置しやすい構造であるかなど、”店頭現場の理解”が大きなポイントです。
マックスは店頭ラウンダーから得られる年間約1,000,000回訪のショッパー・ストアのインサイト、画像データから、最新の売場動向を把握し、ブランドやカテゴリに最適なデザイン、構造設計、そして、制作数量を算出します。単なるデザインだけではない、コスト削減・設置率にもこだわったツールの制作を実現し、「設置される、売れる店頭ツール」をご提案いたします。

イメージ
シック・ジャパン様

店頭什器

マックスが保有する独自のストアインサイトから店頭における設置率・視認性を最大化する什器を開発しています。日々活動しているラウンダーの声を集約することで、視認性が高くメッセージが届きやすい、組み立てやすく設置率の高い構造設計、発送から設置までご提供することが可能です。マックスだからこそ可能な一気通貫モデルのサービスを試してみませんか?

導入事例

クライアント | コンエアージャパン様
「ストアインサイトから導いた”面”で
魅せる 「ブランド推し」ツール」
課題
家電量販店の競合売り場は群雄割拠。特長を打ち出したビジュアルも派手なものが多く
競合他社製品と店頭で並ぶと、圧倒的に目立たなかった
導入
  • まずは手に取ってもらうための「アテンション」に強い什器が必要と考え、
    コンエアー様の大きな特徴である「ブランド力」を店頭什器に反映
  • 設置したときに「目立つこと」と「ブランド発信力」を同時に可能にする
    ブランド訴求を強化した什器を開発
成果
面での展開によるブランド力推しで目立つことは勿論の事、従来のイメージを払拭することで新商品の店舗導入~購買促進へと売上拡大に成功した

店頭POP

ショッパーが求めている情報はなにか?購買を後押しするための情報に何が必要か?サービスや商品の特徴を効率的に知ってもらうにはどのようなデザインが効果的か?マックスが独自で保有するショッパーインサイトやストアインサイトを駆使し、ショッパーに買いたいと思わせるコミュニケーションの最適化を常に考えた店頭POPをご提案いたします。

導入事例

クライアント | 国内大手オーラルケアメーカー
「配荷店舗に合わせた
“汎用性”POPの製作」
課題
店舗ごとに配荷ブランドや商品が異なるため、POPの設置率が低い
  • 既成POPはブランドごとに作られていたため、配荷の有無により使用できるものが限られていた。
  • 廃棄するPOPが多く、トータルコストにムダが生じていた。
施策
実際に店舗巡回を行っているラウンダーを集めて、販促物への要望をヒアリング
  • 現場での設置しやすさを研究。
  • 個店の配荷に合わせて柔軟に「差し替え」ができるPOP、什器を製作。
成果
汎用型以前は、設置率が30%のPOPもあったが、改善後は、設置率が80%に上がった
  • 個店の要望に合わせた商談で決まった配荷商品に合わせたPOP の掲示を行えるため、商品導入率・訴求力がアップ。
クライアント | シック・ジャパン様
「設置率にとことんこだわった 
省スペース活用販促ツール」
課題
商品陳列棚にPOP設置スペースがない
  • 商品陳列棚には、所狭しと商品が陳列しており、プライスカードが入るとそもそもPOPを設置できない。
導入
これまで活用されていなかったスペースにPOPを導入
  • ショッパーから目につきやすく、商品の邪魔にならない未利用空間に目をつけたPOPを導入。
成果
予測を大幅に上回る約8割の店舗で設置実現!
  • 商品の取り出しやプライスカードの邪魔にもならない為、設置状態を長期間維持。